X100Vが発表されたのでX100Fと比較してみます。

こんにちは。

ついに富士フイルムの高級コンデジX100Vが発表されました。

富士フィルムのX100Vの紹介HP

販売はシルバーが2月下旬、ブラックが3月下旬頃とのこと!

すごく欲しい!けど高い!

(価格16万ほど・・・)

FUJIFILM X100V シルバー
created by Rinker

価格が高くて手が出にくいカメラですが

その分、魅力は満点です!

今回はX100Vと前回モデルのX100Fを比較して

何が変わったのか確認してみましょう!

 

結論から言いましょう!

  • 防塵防滴仕様(別途フィルター必要)
  • チルトモニタ
  • クラシックネガ!
  • Dパッド(十字パッド)廃止!←なんで???

どうやらx-pro3のコンデジ化したモデルのようです。

(隠しモニタでは無いです)

 

外観の比較

 

ぱっと見は大きな変化はありませんが、

X100Fに比べるとシャープな佇まいになっています。

天板もより真っすぐになっていますね。

X100Fはクラシカルな雰囲気がしていましたが

X100Vは現代的な雰囲気がします。

この辺りの変化は好みが分かれるところですね。

 

外観で一番気になるのはDパッド(十字パッド)の有無です。

あったほうが良いと思うけど、タッチパネルが使いやすいのかな?

早く触ってみたいですね。

X100VとX100Fの仕様を比較

気になった仕様だけ比較表にしています。

詳細は富士フイルムのHPを見てください。(X100Vのスペック(富士フイルム)

X100V X100F
センサーサイズ APS-C APS-C
有効画素数 2,610万画素 2,430万画素
画像処理エンジン X-Processor 4 X-Processor Pro
ISO感度 160~12800、80~51200(拡張) 200~12800、100~51200(拡張)
レンズ(単焦点)焦点距離 23mm(35mm換算35mm) 23mm(35mm換算35mm)
絞り値 F2~16 F2~16
デジタルテレコンバータ 50mm、70mm(35mm換算) 50mm、70mm(35mm換算)
最短撮影距離 約10cm 約10cm
手振れ補正 × ×
連写 11コマ/秒 約8コマ/秒
AF方式 ハイブリッドAF ハイブリッドAF
測距点 425 325点
ファインダー アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー

(OVF:倍率0.52倍、EVF:0.5型/369万ドット)

アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー

(OVF:倍率0.5倍、EVF:0.48型/236万ドット)

モニタ 3インチ(162万ドット) 3インチ(104万ドット)
可動式 チルト 固定式
タッチパネル ×
フィルムシュミレーション 17種(クラシックネガ、エテルナ 15種
カラークロームエフェクト ×
カラークロームブルー ×
トーンカーブ、明瞭度 ×
内臓ND 4段分 3段分
128mm 126.5mm
高さ 74.8mm 74.8mm
厚み 53.3mm 52.4mm
重さ 478g 469g
バッテリー NP-W126S NP-W126S
USB給電 対応 対応
デジタル端子 USB3.1 Gen1 Type-C USB2.0
防塵防滴 〇(フィルター装着時) ×
記録メディア SDXC UHS-1 SDXC UHS-1

大きさや重量に大きな変化はありません。

細かい仕様がアップされていて使いやすくなっています。

 

個人的に一番いいなと思うのはクラシックネガが使えることですね。

正直、クラシックネガが使いたくて欲しいところがある・・・。

 

あと、X100V用にレンズは新調されているようです。

焦点距離やF値に変更はありませんがレンズ構成が見直されています。

X100Fは開放で撮るとぼやけた絵になるみたいでしたが

改善されていると良いですね。

 

X100シリーズというカメラ

X100シリーズは富士フイルムの高級コンデジレンズ一体型のカメラ)です。

クラシカルな雰囲気の外観に富士フイルムのフィルムシュミレーション

使えるのがこのカメラのメリットです。

 

他メーカーの高級コンデジと言えば

・GRシリーズ(リコー)

・RXシリーズ(sony)

この2つがすぐに思い浮かびますが

そういう話しじゃないんです。

X100VはGRとかRXとかとは立ち位置が違います。

 

このカメラにしか無い雰囲気。

●クラシカルな雰囲気

●富士フイルムの色味

●コンパクトながらもしっかりとした作り

この辺りを理解できない人にはマッチしないカメラです。

X100VかX100Fか

X100Vの登場で最も気になるカメラになるのがX100Fの存在です。

X100Fは3年前(2017年)に販売されたカメラですが

中古でもいまだに9万くらいします。

外観写真でもわかるとおり、X100FにはDパッド(十字パッド)がありますし

防塵防滴とチルトモニタが必須でなければ

X100Fはお買い得になるかもしれません。

 

NORI
X100F気になりますね・・・

 

まとめ

X100シリーズは確かに金額は高いですが

それに見合った素晴らしいカメラだと思います。

 

X100Vだったら鞄の中に入れてても邪魔にならないし

毎日富士フイルムのカメラを楽しめると考えると

その価値は計り知れませんね。

 

X100Vはブラックがカッコいいと思ったので

購入するなら3月末まで待つ必要があります・・・。

それまでに予算を確保しなければ!