富士フィルム X-T3のレビュー

こんにちは。海苔ぴんです。

今回は私が使用しているカメラ富士フィルムのX-T3を紹介します。

 

富士フィルムが誇るXシリーズのフラグシップモデル

各所から絶賛されているその実力を初心者レベルのカメラ好き目線での使用感をメインに話をしたいと思います。

結論から言うと初心者でも超おすすめです!

(価格はお高いですけどね・・・)

スペックの確認

型番 FUJIFILM X-T3
有効画素数 約2,610万画素
撮像素子 APS-C、X-Trans CMOS4センサー
記憶メディア SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカードUHS-Ⅰ/UHS-Ⅱ対応
レンズマウント FUJIFILM Xマウント
撮影感度 標準出力感度 ISO160~12800(1/3段ステップ)
測光方式 TTL256分割測光 マルチ/スポット/アベレージ/中央重点
露出補正 5.0EV~+5.0EV 1/3EVステップ
連写 約30コマ/秒(電子シャッター設定時)
インターバルタイマー撮影 あり
ファインダー 0.5型有機ELファインダー 約369万ドット(視野率約100%) 、ファインダー倍率: 0.75倍
液晶モニター 3.0型 3:2アスペクト 3方向チルト式タッチパネル付きTFTカラー液晶モニター 約104万ドット
動画 ファイル記録形式: MOV 圧縮方式: MPEG-4 AVC/H.264、HEVC/H.265準拠 音声記録方式: リニアPCM ステレオ(24bit/48KHzサンプリング)
グレインエフェクト 強、弱、OFF
カラークローム・エフェクト 強、弱、OFF
入出力端子 USB Type-C
電源 標準撮影枚数 約390枚
寸法・質量 本体外形寸法 [幅]132.5mm×[高さ]92.8mm×[奥行き]58.8mm
撮影時質量 約539g(バッテリー、 SDメモリーカード含む)
動作環境 温度 -10℃~+40℃ 湿度 10%~80%(結露しないこと)
カラー ブラック、シルバー

詳細は富士フィルムのHPをご確認ください。(富士フィルムのHP)

フラグシップモデルなので欲しい機能はほぼ全部入っていると思います。(チルト液晶、防塵防滴、USB給電、etc)

スペック上ではX-T2からの変更点は少ないと言われていますが私はX-T3を買ってよかったと思っています。

手に届かない細かいところが改善されていますし

個人的にオートフォーカス(AF)の速さは無視できない改良だと思います。

ホントにスッ!スッ!と合います!

是非店頭とかで実際に触って体感して欲しいです。

軍艦部のダイヤルの高い操作性

富士フィルムのカメラの特徴にカメラ上部(軍艦部)のダイヤルがあります。

それぞれISO、シャッタースピード(SS)、露出補正とよく使う項目が物理ダイヤルになっています。

最初は使いにくいかな?と思ったダイヤルですが、今では他が考えられない程の使い勝手になっています。

ダイヤルの真ん中のボタンを押せばロックされるので勝手に変更されてて撮影後に絶望することも少ないです。

またダイヤルをぐりぐりやっていると写真やってますアピールも出来るので初心者的に満足度が高いです。

私は絞り値だけ変えて後はオートで撮ることが多いです。

ジョイスティックの使いやすさ

ジョイスティックは本機で初めて触ったのですがめっちゃ使いやすい!

画面上のAFエリアがあんまり動きすぎない感じもグッドで合わせやすいです。

親指で使いやすい位置にありますしジョイスティックを使うともう十字キーには戻れない・・・。

 

3軸チルト液晶が便利!

X-T3の液晶画面はチルト液晶です。

しかも縦方向にも動きます!これで縦構図で撮りたい時も首が無理な角度になりません。

花とか撮影するときはローアングルを多用するのですごくありがたいです。

 

フィルムシミュレーションが素敵すぎる

近くの公園で薔薇を撮影。赤と緑の深みがヤバみ・・・。

私は富士フィルムの赤とか緑とかの発色に憧れて購入しました。

富士フィルムにはフィルムシミュレーションという機能で写真の雰囲気が変えられますが

その雰囲気具合がどれも最高なんです!

私はVelvia(ベルビア)を好んで使うことが多いです。

色味が強く出るんですがバランスが良い感じに表現されるのでjpg撮って出しで全然いけます。

また、X-T3にはカラークローム機能が付いていて色に深みを出すことができます!

赤をより赤く、緑をより緑に・・・。

元から色に定評のある富士フィルムにそんな機能がついたらまさに無敵です。

APS-C最高レベルの画質

筑波山とポピー畑を日の出とともに撮影。

X-T3はAPS-C最高峰の画質と謳われています。

その画質はフルサイズのカメラにも負けないと言われていますが

私はフルサイズのカメラを持っていないので比較できません・・・。

ただ、撮れた写真をPCの画面で見てもバキバキに解像されているので非常に満足しています。

この解像感で不満を抱く人はほとんどいないと思います。

かっこいい

なにはともあれかっこよくないですか?

カメラはデザインも重要な要素だと思います。

富士フィルムのデザインは昔ながらのカメラ感が出てて個人的に好きです。

私はシルバーを購入しました。

黒い部分もシルバー部もマットな感じで触っててもいい感じです。

不満点について

色んな機能を有しているX-T3ですが手振れ補正がついていません。

オリンパスを使っていた時は手振れ補正の恩恵がイマイチわからなかったんですが

X-T3を使って初めてその威力を知りました。

昼間はいいんですが夜の撮影では注意する必要がありますね。

同じフラグシップ機のX-H1には手振れ補正がついていますが

私はテザインからX-T3を選びました。

X-T3のまとめ

  • ・富士フィルムの色を使いたい人
  • ・オートフォーカスに速さを追い求める人
  • ・フラグシップ機を使いたい人

基本的な機能はX-T2と似ているのでこだわりがなければX-T2でもいいと思います!

またX-T30も評判がいいのでそちらも検討の余地ありですね。

 

私はpaypayキャンペーンに合わせて2018年12月に購入しました。

約半年が経過しましたが未だに機能の全部を使いこなせていません。

そのくらいハイスペックかカメラだと思います。

 

また、富士フィルムのレンズは高性能かつ比較的安価なものが揃っているので

マウント替えも比較的やりやすいと思います。

私が使っているレンズ群についてはまた別の機会に紹介します。

それでは。

X-T3の最新記事8件