青い海と白い砂浜。夢の楽園、石垣島へ行ってきました。

どうも、海苔ぴんです。

7月下旬に沖縄県の石垣島に三泊四日で旅行に行きました。

目的は綺麗な風景を撮ること。

そのためだけに一人で三泊四日です。

世間では学校が夏休みに入ったようで家族連れが大変多かったです。

その中で一人、三脚とカメラを持っている私は何に見えたのでしょうか。

そんな複雑な気持ちで撮影した私の写真を見ていただければと思います。

写真の量が多いと思いますのでwifiとかでご覧になることをお勧めします。

使用したカメラは富士フィルムのX-T3です。

レンズはほとんどXF16-55 F2.8でした。

やっぱりズームレンズは便利ですね。

あとはスマホ(galaxy S10)です。

石垣島の全体図

石垣島は沖縄県に属する島です。

面積は222m2で車で走れば2時間くらいで一周できるくらいの大きさです。

島なので市街地から離れるとコンビニはおろか自販機すら見当たりませんが

有名な観光スポットにはトイレと自販機が設置されていて観光客に配慮されていると感じました。

観光雑誌についていた石垣島の観光マップです。

島の下側が市街地です。フェリー乗り場もあって他の島へ行くこともできます。

北側へ行けば行くほど人の気配がしない感じです。

石垣島の道路は交差点で信号が無いところが多いです。

また、夜には道路上にネコとかカエルがいたりするので運転には注意する必要があります。

安全運転が一番ですね。

石垣島の観光スポット

石垣島は綺麗な海が主な観光資源です。

海を楽しめるレジャーでダイビングとかカヌーに乗ったりとか子供や大人を問わずに楽しめます。

海の綺麗さは千葉とかでは考えられないほどの透明度で、色がなんかエメラルドとかそんな色してます。

今回は私が行った観光スポットを写真と共に紹介したいと思います。

川平湾

まずは川平湾(かびらわん)を紹介します。

地図でいうと左上付近です。

市街地から車で30,40分くらい行けます。

ここは石垣島の中でも屈指の綺麗な海です。

超オススメなので石垣島に行った際は是非行ってみてください!

これです!これ!

海の色やばくないですか?

(ちなみに編集が大変なのでほとんどの写真はJPG撮って出しです。富士フィルムに感謝です。)

川平湾には展望台がありまして、この写真は展望台から撮っています。

展望台に行けばだれでもこの風景を楽しめます。

ちょっと場所の紹介を写真でしたいと思います。

川平湾は観光地ですので大きな駐車場があります。

ちゃんとトイレもあるので安心です。

自販機や売店やカフェもあるのでゆっくりできます。

自販機は沖縄限定のものがあって面白いですね。さんぴん茶とか。

川平湾は遊泳禁止の海です。

その代わりグラスボードと呼ばれる船で海の中のサンゴ礁とかを見ることができます。

展望台は売店を通り過ぎて海側にいくと見えてきます。

沖縄ではよく見かける赤色の屋根の展望台です。

イスとかはありませんが日差しを防いでくれるだけでありがたいです。

 

海が綺麗すぎる・・・。

天気も良かったのでなおさらです。

 

ちなみに私は星景もここで撮りました。

天の川が肉眼でも見えるくらい濃くてびびりました。

石垣島は星が見える島としても世界的に有名みたいです。

ほとんどの星座だか星がここでは見えます。

天の川ってアーチで見えるんですね・・・。

御神崎

お次は御神崎(うがんざき)です。

川平湾から西側に進むと着くことが出来ます。

灯台があって夕日とかが有名なスポットです。

道が狭いので通行にはちょっと注意が必要です。

 

ここも海が綺麗です。まぁ石垣島は海に囲まれているのでどこでも綺麗ですけどね。

ここもちゃんと駐車場があります。10台くらいは止められると思います。

トイレと自販機もあるので安心です。

灯台には基本は入場できません。時期によっては入れるようです。

崖なので絶景が楽しめます!

あとは夕焼けが素敵ですね。

夕焼けが近くになると人が集まってきます。

家族連れが多い中で一人で撮影は心が折れますが景色は最高に綺麗でした。

もっと焼けてくれると嬉しかったですがこればっかりは運ですね。

名蔵湾

お次は名蔵湾(なぐらわん)です。

これまで紹介したところに比べるとインパクトは薄いです。

マングローブが有名なところです。

大きな駐車場とかはありませんが3台くらいなら止められます。

私は夕焼けを撮りに行っただけなので昼間の風景はちょっとわかりません。

暗いのでよくわかりませんが、マングローブ的なものが見えます。

それはともかく夕焼けが綺麗です。

紹介できる写真はこれくらいです。

虫が多いので虫よけ必須です。

フサキビーチ

お次はフサキビーチです。

名蔵湾から南にちょっと行ったところにあります。

ここも有名な夕焼けスポットです。

桟橋が有名な撮影スポットです。映え~です。

 

鐘があってみんなでカンカン鳴らしてました。

周りは普通のビーチです。

砂浜も綺麗です。

ここは宿泊も出来て施設としては何でもそろっています。

駐車場も広いのでその辺の心配はないですね。

 

玉取崎展望台

お次はちょっと場所が変わって玉取崎展望台です。

石垣島の右側の海岸沿いになります。

海が見えるのが有名なスポットになります。

私は朝日を撮りに行きました。

ここは大きい展望台なので駐車場や自販機、トイレも完備です。

大型のバスとかも止められます。

 

沖縄のトイレは屋根がかっこいい。

ベンチもありました。

展望台までの道は整備されていますが夜はハブが出ることもあるみたいですので夜明け前に行く際は注意が必要です。

私はすごく怖かったです。

展望台にはベンチもあるので休むこともできます。

展望台からは山も眺められます。

夜明けを捉える私のX-T3。かっこいい・・・。

この展望台は海が綺麗に見えるので昼間に行くことをおすすめします。

私は朝日を撮ったら移動してしまったので見られませんでした笑

 

平久保崎

お次は平久保崎(ひらくぼさき)です。

ここは石垣島の最北端です。

灯台と美しい海を楽しめます。

最北端なだけあって市街地からだと1時間くらいかかります。

とても遠いですが行く価値はあると思います。

朝8時くらいにいったので海のエメラルド具合は微妙でした。

日が昇った11時くらいだとエメラルドに見えるようです。

駐車場は4台くらい止められます。トイレと自販機もあります。

誰が補充しているのか気になりますね。

写真で言うと通路を左から右へ移動すると灯台が見えてきます。

ちなみに山に登るのは禁止みたいです。

灯台への道は封鎖されていました。

最北端!

なんか恋の灯台で恋人がどうのこうとか書いてました。

私には一切関係ない情報です。

そうそう、こういう情報が欲しいんですね。

最北端からの風景は格別ですね。

三脚を使って自撮りをしてやりました。

 

ミルミル本舗

お次は石垣島の海を見ながらジェラートを楽しめるミルミル本舗です。

フサキビーチから少し山を登ったところです。

海と緑が綺麗ですね。

ミルミル本舗ではジェラートとお土産を販売しています。

左側の建物がジェラートで、右側がお土産です。

店内にも椅子があってエアコンのきいた部屋で涼めます。

屋外にベンチがあります。

日陰のベンチもあるので夏はこちらですかね。

ジェラートは沖縄県では有名な紅芋味をセレクトしました。

普通に美味しかったです。

プカプカ(PUFF PUFF)

お次は海が見えるカフェレストラン、プカプカです。

場所は市街地から少し東に行った海沿いです。

海が見えるカフェでアイスコーヒーをいただく。勝ち組ですね。

場所はメインの道路沿いなので入りやすいと思います。

駐車場も20台くらいは止められそうなのでピーク時じゃなければそれほど苦労しないと思います。

私は11時くらいに予約もせずに行きましたが、普通は予約しないと入れない雰囲気がしてました。

ハンバーグを食べながら海を眺める。

サラダや飲み物はバイキング形式でセルフサービスでした。

 

まとめ

石垣島は羽田や成田空港から直行便が出ていて旅行しやすくなっています。

LCCを使えば1.7万くらいでいけたりするので割とリーズナブルムに行けます。

海はきれいだし星も綺麗だし、最高に楽しめる島だと思いますが

家族連れが多いのでおひとり様で突撃するのは覚悟が必要です。

10月くらいだとおひとり様もたくさんいるようですね。

 

私は2日目はダイビングをやって、三日目は竹富島にも行きました。

それはまた別の記事で紹介したいと思います。

 

海と空がきれいな石垣島。

是非行ってみてください。

 

それでは。