雨上がりの散歩 XF60mm F2.4を使って雫を撮影

こんにちは。

僕が一番好きなXレンズはXF60mm F2.4

このレンズはいわゆるハーフマクロなんだけど、描写が好きだし軽いので良く使っています。

雨上がりに草木についた雫を撮るのが楽しい。

そんな写真を紹介します。

 

草木の雫の写真

僕が使っているカメラはX-T3。レンズはXF60mm F2.4

この組み合わせは手振れ補正が無いのでマクロ撮影をするときは三脚があったほうがいいでしょう。

でも、散歩に三脚をもっていくわけないんです。そんなわけで手持ち撮影でどこまで行けるか。

撮った写真は全てJPG撮って出しです。

お花が濡れた状態って色気がありますよね。

水も滴るいいお花って感じです。

葉っぱの上にぷっくらと乗っている雫。これがかわいいんです。

これを撮る時はしゃがんでじっとして撮るわけですが、それがちょっと恥ずかしい。

でも雨上がりだからそんなに人もいないからなんとかなる。そんな雰囲気が好きです。

 

マクロ撮影はこのままでも楽しいけど、トリミングするのも楽しいです。

トリミング画像
トリミング画像

XF60mmとX-T3の解像度ならこのくらいトリミングしても結構いい感じに見えますよね。

水がぷっくらしている感じが強調出来て良い感じです。

この状態の雫は雨上がり直後じゃないと中々撮れません。

雨は憂鬱ですが、雨上がりは少し気分を変えて散歩も乙なものです。

 

マクロ撮影は楽しい

マクロ撮影自体はスマホでも結構綺麗に撮れますが、やっぱり一眼カメラでのマクロ撮影が楽しいと思います。

僕が使ったのはハーフマクロなので本当は等倍マクロレンズも欲しいんだけど、富士フイルム純正だとXF90mmしかありません。

XF90mm自体は評判の良いレンズなんだけど、ちょっとでかくて重い。

でも次に追加するレンズ候補第一位ではあります。

 

散歩するにはやはりこのくらいの大きさと軽さが良いですね。気軽にいける。

そういう意味でも富士フイルムのカメラは僕にぴったりでした。

 

それでは。

フォトウォークの最新記事8件