コラテックSHAPE URBAN DISCの1年使用レビュー

こんにちは。

今回は僕の相棒であるコラテックのクロスバイク

shape urban discを紹介します。

1年くらい前に購入してファーストインプレッションは既に紹介済みです。

コラテック(Corratec)のクロスバイク SHAPE URBAN DISCのレビュー 僕の新しい愛車

今回は1年くらい使用した感想をお伝えしたいと思います。

最初に見た時から良い自転車だなと思ってましたが

この1年でもっと好きになった。

そんな自転車です。

 

近所に写真を撮りに行くときは大抵この子に乗っています。

今では大切な相棒です。

ストレス無く走れるクロスバイクだと思います

SHAPE URBANを1年乗って思ったことは

ストレスが少ないクロスバイクだな。ということ。

 

この自転車は漕ぎ出しが軽いんですよ。

本当に不思議なんだけど、なぜか前に「スー・・・」と進めます

BENDED TUBE/意味はわからないけどかっこいい

 

僕は街乗りがほとんどなのでこの漕ぎ出しの軽さには助けられています。

おかげで信号待ちが多いシティライドも楽しくライド出来ます。

特に疲れている時とか漕ぎ出しが重いと気持ちが萎えますからね。

その辺りのストレスが排除されているのは本当に助かる。

 

SHAPE URBANは重量が12kgもある重い方の自転車です。

12kgもあって漕ぎ出しが軽いと感じるのはどんな魔法なのか。

剛性が高いフレームと重心のバランスによるものだと思うんですが

シックスリックのタイヤを搭載しているのも要因かもしれません。

タイヤの溝が無いシックスリック

また、スピードに乗ればロードバイクに近い速さを体験できます。

もちろん競争ではロードバイクには勝てませんし

ロードバイクと一緒に長距離ライドするのはかなり無茶だと思いますが

かなりロードバイクちっくな走り。

 

漕ぎ出しからスピードに乗るまで抵抗感無く「スー・・・」と走れる

重量が12kgもある車体とは思えない軽い走り。

平坦な道なら気持ちよく走ることができます。

 

ただ車体重量があるのもあってキビキビした動きはちょっと苦手かな。

というよりロードバイク並みのスピードで12kgもある車体をキビキビ動かすのが怖い。

その辺りは自転車と一体化できるロードバイクとは雲泥の差があると思います。

 

だけどこれを5万で購入できたのは運がよかった。(セール品でした)

元々7万くらいが定価ですが、価格以上の価値を感じます。

ディスクブレーキはやっぱり良いものでした

SHAPE URBANはドイツにあるコラテックというメーカーのクロスバイクです。

コラテックはMTBで有名な会社のようでMTBで培った技術をSHPE URBANにも採用しています。

 

スペックを確認しましょう。

モデル名 SHAPE URBAN DISC 2019
カラー Matt Navy
サイズ 48
フレーム SHAPE DISC 6061 ハイドロフォーミングダブルバテッドアルミ
フォーク SHAPE DISC アルミ
コンポーネント SHIMANO ALTUS
タイヤ WTB THICKSLICK 700×28C
ブレーキ DISC(機械式)
ウェイト 12.0kg

最近流行しているディスクブレーキ(機械式)を採用しています。

僕はSHAPE URBANで初めて使いましたが

これは良い物ですよ。

 

リムブレーキだと定期的にメンテしないとブレーキ力は低下するし

何よりキーキーうるさかったりしますよね。

ディスクブレーキはそれがありません。

最近ちょっとキーキー言うようになったけど

すごく静かなのはメリットだと思います。

 

あとはブレーキする力が強い。

これリムブレーキの要領で思いっきりブレーキすると前転しますね。

それかディスクが壊れる。

 

最初はちょっとコツがいるかなと思ったけどすぐに慣れました。

正直、もうディスクブレーキ以外の自転車には乗りたくない。

そんな気持ち。

ディスクにサビが出てるけど、これは・・・?

だけどこれ仕様なのかな?

ディスクの根元にサビが出てるんですよ。

ディスクブレーキのディスク/サビが出てる

僕はクロスバイクを屋外に保管してます。

カバーはしてますけど、まぁサビが出やすい環境だとは思います。

ディスクブレーキのメンテは全くしてないので

ちょっと勉強する必要があるかなとは思います。

 

ちなみに屋外保管用のカバーはこいつを使っています。

2年くらい使ってますけど水が染みてくることも無いし良い感じでおすすめです。

耐久年が2年って書いてあるのでこれからどうなるかはお楽しみ。

見た目がかっこいいし他の人と被らない

外観はマットな深いブルーに覆われていてかっこいいです。

深いマットなブルーが印象的

1年乗りましたが他の人が乗っているのは見たことがないと思います。

見た目はかっこいいと思うので、他の人と被りたくない人には

結構おすすめな自転車かなと思います。

 

あとマットカラーって汚れとか取れない印象あったけど

普通にさらっと取れます。

塗装の剥離とかも無いし、いい仕事してますね。

 

あとフレームがかなりごつい印象です。

フレームがごついし溶接もしっかりしてる

この自転車を購入したその日に道路の穴にハマって

空中で1回転を決めるという大事故を起こしました。

僕は頭から地面にぶつかって、自転車もどこか遠くに飛んでいきましたが

自転車のフレームは亀裂が入ることも無く無事でした。

頑丈さは折り紙付きかなと思います。

溶接がすごい

各所の溶接は結構ごついです。

他のメーカーってこんなに盛ってるのかな?

溶接に関しては素人ですが綺麗なビートだと思います。

 

フレームは一級品だと感じますが

小物がチープですね。特にペダル。

付属のペダル/ママチャリかと思う

これクロスバイクのペダルですか?

なんかママチャリっぽくて減点対象です。

僕はあんまりこういうのは気にしないんだけど

他のところが良い感じだから余計に浮いていて気になる。

良い感じのペダルに変えようか。

 

というかビンディングペダルを前提としているのかな?

クロスバイクにビンディングいりますか?

普通はいらないけど、この子は速いからな・・・。

それだったら納得。

 

あとハンドルのフリー部分は少ない印象。

ハンドル部

僕は安全主義者なのでベルもちゃんとつけてます。

あとはスマホのホールドとか付けたいんだけどスペースが無い。

ライトを一つ外そうかな。

 

あと、後付けのキックスタンド

これマジで良かったです

見た目は少しダサイかもしれないけど

どこにでも止められるって便利ですよ。

キックスタンド/すごいしっかりしてる

このキックスタンドかなりしっかりしているので

勝手に倒れるとか無くて信頼感が半端ない。

キックスタンド/畳んだ状態

 

このクロスバイク最大のデメリット

このクロスバイク最大の弱点。

それは重い車体重量。

間違ってもヒルクライムとかはできません。

愛があればいける。という人は是非チャレンジしてください。

僕は近所の坂でお腹いっぱいでした。

 

平坦な道を走る分には何の問題もありません。

ただ、平坦な道をストレスなく走っているのもあって

少しでも上り坂になるとその重量が全て跳ね返ってくる感じがします。

 

街乗りには最適ですがロングライドに不向きだと思うのはこれが理由です。

 

あと女性には少し厳しいのかもしれない。

そこはちょっとわかりませんが、とにかく車体は重いです。

トータルではコスパ最高だと思います

結論としてはすごくいいクロスバイクだと思います。

まさにクロスバイクのコンセプトである街乗りできるロードバイクを体現している。

1年使ってみてその思いは強まりました。

 

ロードバイクに乗っていた時期もありましたが

ロードバイクって色々面倒くさいんですよね。

車道走ると車が邪魔扱いするし歩道は走りにくい。

タイヤが細いのでちょっとした段差も怖いし・・・。

その点、クロスバイクは歩道も走って許される雰囲気しますし頑丈です。

ある程度、雑に扱ってもクロスバイクに比べると安いので精神的にも楽です。

 

ロングライドしたいなーと思う時はロードバイクが恋しい時もあるけど

まだしばらくはこいつと付き合っていこうと思います。

 

それでは。